• ycgogo

近所のおばさんの話 続き

前回に続き、Yが話します。



近所のそのおばさんの話の続きです。

それからも時々、そのおばさんの家に遊びにいくことがありました。いちおう友達と遊ぶためというのが理由ですが、本当はそのおばさんのシミーズが見られるのではないかというのが理由でした。

もちろん、いつも見られるわけではなく、見られないことがほとんどでした。そんな事を悟られないように、友達と遊ぶ時間をすごすのがほとんどでした。もちろん、その子と遊ぶのも楽しかったのでよく行っていたというのもありました。また、遊びに行くと、その子がいなくて、おばさんから声をかけられてその子が帰ってくるまで上がりこんでおばさんと話したりして時間を過ごすことも時々ありました。

ある日、遊びに行くと友達が居ず、おばさんだけでした。その日は、おばさんちょっとお酒でほろ酔い加減でした。なんだかいつもと違い、こども心にも妙になまめ