• ycgogo

袖付きスリップ


Yは時々妙な事が好きって言うのよね。この前に白いスリップで使い古した物がいいと言ってたって話したけど(それがいいって言うコメントもいただいたわね)、袖付きのスリップ、要するに上半身がババシャツみたいになっていて下半身がナイロンのスリップになっている物だけど、それがいいって言いだす時があるの。変わってるでしょ。

Yの中学高校時代はお母さんのスリップにお世話になってたって言ったけど、冬になるとお母さんは袖付きのスリップを着てた話はしたわね。Yによれば、白だけど上半身部分は伸縮性のあるレースになってたんだって。ちょっとお洒落かな。その時は、それしかないから仕方なくそれで楽しんでいたんだけど、当時はなんとなく物足りなさみたいなことを感じてたんだって。

でもね、それがなんだかノスタルジーみたいな感覚で今になって、ちょっと屈折したような感じとあいまって時々魅力的に感じてしまうらしいの。


お母さんのはそんなデザインの物だけど、Yが高校時代通学の途中に洗濯物で干してあったのが、全身ナイロンで薄いブルーの袖付きスリップだったんだって。そんなのなかなかないわよね。昔はそんなのが沢山あったのかしら。

全身ナイロン素材っていうのも珍しいのに、色が薄いブルーなんていう袖付きスリップも珍しいわよね。今そんなのあるのかしら。

Yの話だと、それを干してた家は八百屋さんで、いかにも八百屋のおかみさんって感じの失礼だけどあまり色気のないおばさんがいる家だったんだって。あのおばさんがこんなの着てるんだと思うと、妙な気分だったって。でもね、私も時々デパートのワコールフェアなんかに行くけど、こんな人がこんなに派手なの買うの?って思う場面があるわ。凄く地味であんまりパッとしない服装のおばさんが、赤のTバックやガーターベルト、ハイレグの全身レースの黒のボディスーツなんかを買ってるのを見た時は、私も色々想像しちゃったわ。

それでYも袖着きのスリップを見つけてきて、私に着せて喜んでた。お母さんが着てたみたいなのは

なかったらしいけど、普通のベージュの物、上半身が綿みたいな素材の物と、全身白いナイロン素材で透けたもの。なんかYは凄く嬉しそうな表情になった。それに、自分も着たいって顔をしてた。残念ながらYが着られるサイズじゃなかったので、私が着た姿を見て喜んでた。

でもね、やっぱり私はちょっと冷めちゃうな。私は綺麗なスリップを着た姿を見られたい。それに、このスリップは自分の子供の頃を思い出すの。冬になると母に着せられでたけど、袖の長さが中途半端で嫌だった。袖の長さが七分袖くらいで腕の途中までくらいの長さ。上に着た服の袖から下着を出ないようにっていう事で、七分袖くらいの長さなんだけど、腕の途中に引っかかってるみたいな感じが不快で嫌いだったなあ。

Yがあんな感じになってるから、お母さんが着てたみたいなデザインがあれば買ってあげたいな。それ着せてうっとりした顔させてみたい。



301回の閲覧

Wix.com で作成されたホームページです。