• ycgogo

イパネマの娘


Yの中学・高校時代は女の子の制服はセーラー服で、その下にはスリップを着てるのが当たり前だったのね。もちろん、普段でも女性がスリップを着ているのは当たり前という時代。


また、そのころはシースルーファッションがはやっていて、女性が透けたブラウスを着ていて、その下にスリップを着ているのが良く分かったのね。だから、背中から見た時にスリップのレースなんかがわかってドキドキしてたんだって。でも、まだ下着は圧倒的に白が多くて、ベージュもあったけどセーラー服の下にはやはり白だったのね。

セーラー服は上着とスカートが分かれているから、その間からスリップの生地がよく見えてて、学校で授業中なんかに前の女の子がノートをとるために上半身が前にかがむと、上着が少し上がって、スカートとの間からスリップの生地が良く見えたんだって。本当にすぐ目の前、手を出せば触れそうなくらいな距離にそれが見えていて、授業中にそれが気になって仕方なかったんだって。

セーラー服の下に着てるんだから、白を着てる子ばかりで、その生地の感じが一人一人違っていてそれもよく分かったらしいの。真新しい真っ白なのを着てる子もいあれば、少し着古して、真っ白から少しくすんだ感じの白になっている子、また新しくてまだ硬そうなのもあれば、着込んですごく柔らかそうな生地になっている子など色々いたのね。普段もそういう白い下着ばかりきているかどうか、またスカートの中のショーツがどんな色のものを履いているかはわからないわね。プライベートだと、ピンクとか多少おしゃれなものを着てたんじゃないかと思うけど、制服の下は白を意識したんだと思うわね。私は、制服がセーラー服ではなかったので、そういう経験はないし、外から見えないから少しおしゃれな下着を着てたわね。

そんな中で、Yの周りで2人だけ違う子がいたんだって。一人は、これ以前にも話したけど水色のスリップを着ている子。なんか、格好いい感じの子でおしゃれな女の子だったんだって。周りが圧倒的に白いスリップを着てる中で、水色のスリップを一人だけ着ているってどういう感じだったのかな?高校生くらいだとまだお母さんが何か言ったりするんじゃないかと思うけど。

もう一人は、この子は少し真面目そうな、どちらかといえば地味な感じの子だったらしいけど、白いスリップに柄がプリントされているのを着ていたんだって。白い生地に、小さな絵が柄になっていたんだって。Yが言うには、白いスリップのナイロンの生地に柄が織り込まれていたり、夏なんかはメッシュみたいになっているのを着てる子はいたらしいんだけど、白いナイロンの生地に絵がプリントされているのは、その子だけだったんだって。その子の後ろに座った時にそれがわかって、それから妙にその子のことが気になるようになってしまったんだって。そして、別の時に、その子が階段を下りてきている時、風が吹いてスカートが捲れて、スリップが見えちゃったんだって。たまたまその時Y

が下に居てそれをはっきりと見てしまったんだって。

で、その子と何かあったかというと、純情な高校生のY君は何も言えずに、なにもなく卒業したんだけど、Yによればその子はあまりタイプじゃなかったけど、そのスリップだけが気になっていたって、酷いわね。

それで、これも前に話したけど、Yが受験で東京に来た時の夜に、Yの友人に連れられて新宿のポルノショップに行った時、スリップを沢山売ってて、それに夢中になってしまったのね。その時に見ていた中に、ちょうどその子が着ていたのと同じような感じの生地で、白いナイロンに小さな絵が沢山プリントされているスリップがあったんだって。袋に「イパネマの娘」って書いてある。多分、商品名ね。それ見た時、その子の事を思い出してしまったのね。「そうかあ、彼女はきっとこれを着てたんだな」って思ったらなんだか妙な気分になってしまったのね。


「イパネマの娘」って有名なボサノバの曲よね。夏になるとよくかかったりするけど、それ以来Yは「イパネマの娘」って聞くと、そのスリップとその子のことを思い出してしまうんだって。今試しにYahooのオークションなんかでスリップ イパネマの娘で検索すると、そういうスリップが出てくるわね。

そういえば、そのYが行った店というのは、新宿西口の路地裏にあった「新宿パラダイス」という店だったのね。もうずいぶん前になくなってしまったけど、私も一度、Yに連れられて行ったことがある。すごく恥ずかしかった、だって女の人なんかそんな店にこないじゃない。でも幸運なことに、その日は私たち以外にお客さんはいなかった。店員さんのおじさんが一人だったけど、わざとうつむいて、お客さんから声をかけなければ自分から声をかけることはないようにしてたみたい。店の中には、下着(スリップ、ショーツ、ブラ、パンスト)や、SMの道具、バイブやセーラー服、それから写真集なんかが売ってた。スリップなんか高い値段がついてて、あんなの買うなら、私が普通に買ってあげるのに。最もYが買ってたのは私と会う前のこと

だけどね。

Yは、よくセーラー服からのぞくスリップのことを私に話してくれた。私はセーラー服着たことがなかったから、本音言えば着てみたかった。そして、上着とスカートの間からスリップを見せてYを喜ばせてあげればよかった。それはまだやってないし、今になってみるとすっかりおばさんになってしまったので、今着たら変な雰囲気になってしまうわね。まあ、それもいいのかも。その代わり、スーツを着た時は上着とスカートの間からスリップを見えるようにしてあげたら、すごく喜んでた。

男の人は面白いわね。

593回の閲覧

Wix.com で作成されたホームページです。