• ycgogo

ブルーのスリップへの想い


何度か書いたけど、Yのお母さんがブルーのスリップを着ていたのがYを刺激したのね。

中学の時にお母さんのブルーのスリップを着てみたのが本格的(こういう言い方でいいかどうかわからないけど)にスリップフェチになったのね。

でもね、スリップっていっても、ラウンド型でストラップで吊るタイプではなかったので、昔風にいえばシミーズね。

それから泊まりに来た叔母さんのスリップを着てみちゃったのもブルーのスリップだったこともあって、ブルーには思い入れがあるのね。

ブルーっていっても水色、ライトブルーね。Yが私に最初に買ってくれたのは白と黒だったけど、そのうちにサルートのブルーのスリップを買ってくれたのね。

サルートは以前はこんな綺麗な色のスリップを出していたけど、今のサルートはこういう感じのは作ってないのね。

このサルートのスリップは本当に綺麗。買ってもらってからずいぶん時間がたっているけど、大切な

1枚。Yのブルーのスリップに対する想いがわかるだけに、私もこのスリップはとても好き。

意外なことに、こういうライトブルーのスリップって大きなサイズがないの。だからYに合う物はなくて、Yは言わないけど、実は昔の想いもあってブルーのスリップを着たいんじゃないのかなって思っている。

でもね、その反面ブルーのスリップを着たら、そのお母さんのを着た時のことを思い出すんじゃないのかな。ちょっと嫉妬してしまう。だってね、この間ゾクゾクする瞬間って話をしたけど、Yにとってはお母さんのブルーのスリップを着た瞬間の想いをなかなか超えるゾクゾク感はないんじゃないのかなと思う。

もちろん、私の前で初めてスリップを着て見せてくれた瞬間なんかもかなりのゾクゾク感だったはずだけどね。そのゾクゾク感というのは私には残念ながらよくわからないのね。そういう気持ちとか感

性って男の人ならではのものなのかな。そういえば、女性でもSMとかにはまる人はそういうゾクゾク感みたいなものではまっていくのかな?以前、Yが教えてくれたページで、普通の地味な奥さんだった人がちょっとしたきっかけでSMにはまってしまって、だんだんすごい発展をしていくのを告白しているのがあったわね。読んでいると、単にSEXで気持ちがよくなってということじゃなくて、なんていうかおかれている状況が頭の中で膨らんでいって、感じて行ってるのね。ホテルの廊下に裸で出て、だれかくるまでぎりぎりそこにいるというようなプレーしてるの。そうしていることで濡れてきちゃうって書いてあって、をれを動画にとってたりしているのね。小学生のお子さんがいる地味な人だったのが、ちょっとしたきっかけでこんなになってしまうなんて、他人事ながら大丈夫なのかしらって思ってしまうわね。私もそういう気持ちが全くわからないわけではないけど、でもどちらかといえば直接抱きしめられたり、触られたり、そういう身体で感じる部分が大きいかなあ。だからゾクゾクする感じというより直接気持ちがいいと感じることが多いわね。もちろん精神的に感じる部分はまったくないわけじゃないけど。

Yもちょっとそういう部分を持っている感じがする。興奮してくると、私にいやらしい言葉を囁かそうとする。Yが昔風俗で経験したお姉さんが、そういうHな声でHなことをいっぱいささやかれてゾクゾクしたらしいけど、私の声はそんなじゃないしなあ。

ブルーのスリップの話に戻るわね。Yは本音ではお母さんのブルーのスリップを時々思い出して、ヤ

フオクなんかで似た感じのないかなって探しているのね。でも、そんな昔のデザインの物ってなかなか無いし、あったとしても小さなサイズよね。一度、色は白だけどデザインがすごく似ているのを見つけて、私に着て見せてくれたことがあったの。ラウンド型で生地も少し固めで、でもいかにも昔のシミーズみたいなナイロンのもの。白と言っても着古したちょっとくすんだ感じ。その時私はブルーのスリップを着てあげた。その時は、Yのお母さんになったつもりで声をかけてあげたの。いやらしく、母が息子をいたぶるみたいな感じで声をかけてあげたの。

その時は必ず、スリップでYのあそこをスリスリしてあげた。行きそうになったら、手を離すの。それ以上にいきそうになったら根本をぎゅっとしてあげると逝かずにすむ。それを繰り返していると、だん

だんYが狂いそうになってくる。最後は私が上になってあげる。あっという間に逝ってしまうのが不満だけどしかたない。でもそのまま抜かずに抱きしめてしばらくいるのが好き。Yは私のブルーのスリップの色が目に入るのが感じるらしいのね。私の着ているスリップを見て、自分が着ている状態をイメージしているのね。お母さんのを着た時にどんな顔をしてたのかしら。中学2年生よね。まだ子供なんじゃないかな。お母さんがもしその現場みたらどうなったのかしら。でも、もし見つかったとしても、Yがそれ以降もきっとやめなかったんだろうなあ。フェティシズムってそういうものでしょうし、これは生まれつきのものなのかなあ。いろんな人にそんなことを聞いてみたいわね。Yが探しているスリップが見つけて着せてあげたいなあ。

426回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脚の魅力