• ycgogo

YがTバックを


この間ちょっとビックリしたことがありました。Yと会っていつものように食事をしてたんだけど、なんかちょっといつもと様子が違ったの。

なんだか、妙にニヤニヤして何か言いたげな感じ。「どうしたの?何かあるの?」って聞いてみても「別に」って言うばっかり。でも、どうみても何かありそうな感じなのね。スーツの下にスリップを着てきてる時なんかも似たような感じになるけど、でもその時はどちらかといえばニヤニヤと言うよりもモジモジしたような感じで落ち着かない様子だけど、今日はそれとも違う。まあ本人が言わないからいいかと思ってそれ以上追求しなかったのね。それで、その後ホテルでお互い服を脱いだら、なんとYがTバックを履いていたの。Tバックと言っても女性用の

ものではなくて男性用の物なのね。Yはニコニコしながら、「どう?」なんて言いながら私に見せにくる。でも女性用と違って、素材は綿の素材で紺色の物。「へーえ、こんなのがあるんだ」と私も興味津々で見てあげた。でもね、ちょっと妙な感じ男性物なのに、前に開くところがなくて後ろがTバックになっているの。そもそも男性にTバックなんて必要なのかしら?それに一体どれくらいの人が履くのかしら?

Yは元々下着は結構男性物でも凝った物を好んで履いていた。デザインや色なんかも凝った物を好んで履いていた。男性にしてはお金をかけていたんじゃないかしら。女性下着が好きだから、せめて男性物でも凝ったものを身につけたいということなので。そこは女性的ね。ユニクロが夏用の素材で少しツルツルしてサラッとしたものを出してからは、シャツもブリーフもその素材の物ばかり。「ほら触ってみて、なんか生地がスリップみたいだろ」って行って私に触らせる。本当にちょっとそんな感じ。そう思って着ている女性下着フェチの男性いるんじゃないかしら?私は「ついにTバックまで来たのね」と思ったわね。女性用のショーツ履いてる男性いるからそれと比べたらどうなのかしら?。

Yがシャワーを浴びている間にこっそり履いてみて、鏡を見てみた。やっぱり女性が履くとお股の部分のフィット感が違うわね。男性用だからお股の部分に余裕があるようにデザインされてるのね。確かに男性が履いた時にお股の形が綺麗に出るようにデ

ザインされてるのね。他のブルーフなんかの時にはあまりそういう目で見たことはなかったからわからないけど、このTバックはそこが強調されている気がする。それって、履き心地の違いにもなるのかしら。そうこうしていたら、Yが出てきて「あっ、俺の履いてる。でもなんか妙にエロい感じがするなあ」と言いながら、私のショーツを履いている。「これでおあいこだなあ」なんて言いながら喜んでいる。なんだか、やっていることを頭の中で思うと、またなんだか変態っぽい感じよね。普通、こういうことで女性がエロい気持ちなったりするのかしら。男性のパンツを履いてみる女性というのもいないと思うし。そこから先はいつも通り、私は白のスリップになり、Yにブルーのスリップを着せてあげる。いつもとの違いは、私がYのTバックを履き心地、Yが私のショーツを履いてることね。最近は、ベッドに入る時、私がショーツを履かなかったり、履いててもすぐに脱いだりしてる。以前は、なんだか私のあそこをみられるのが恥ずかしい気持ちがあったので、できるだけぎりぎりまでショーツを脱がずに、Yに脱がしてもら

うようにしていたのね。でも最近は私もHな気持ちが強くなってきていて、Yにあそこをみてほしい、私から見せてあげたい気持ちが強くなってきているのね。だから私から見せつけるようにすることも増えてきていた。でも今日はしばらくこれを履いていたいと思ったの。だってYが履いていたものだから。Yが私のを履きたがる時ってこんな気持ちなのねきっと。

Yが私のショーツを履いているときは、私もできるだけショーツを脱がさずに、ショーツの上から優しく撫でてあげる。特に、最初にタマタマのところをショーツの上から微妙なタッチで撫でてあげるとそれだけですごく喜んでくれる。Yのジュニアの反応をみているとそれだけでわかる。こういう時は、わかっていて意地悪をしてなかなかYのジュニアに触れてあげない。そうやって焦らしてあげるのをしばらくして、ジュニアにはスリップでスリスリしてあげる。最近はこんな感じをすごく喜んでくれる。スリップでスリスリは必ずね。そうしていると、Yが逝きそうになるので、ここはグッと堪えてもらう。今日は私の中で逝ってほしい。私はYのTバックを脱がずに、履いたままちょっとお股の部分をずらしてそのままYの上になり私がリードする。今日は私もいつもより感じられているわね。

こうやってYが色々工夫してくれるのも嬉しい。あんまり皆さんには参考にならないかもしれないけど。どうかしら?

閲覧数:1,194回1件のコメント

最新記事

すべて表示