• ycgogo

Hの感性


男の人と女の人とでは、Hねと思うことの感性がもちろん違うし、興味や気がつく部分はとても違うわね。Yが話してくれたり、してほしいって思うことなんかには「なんでこんなことを」って思うことも多いし、それを聞いて面白いわねって思うことも多いわね。前回のスリップを着たままシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりって、女性の側からはそんなことをしようって思わないわよね。それがいいって思うのは男性目線だし、私もYが喜ぶからやろうって思うけど、そうでなかったら一人でそんなことはやらないわね。

下のヘヤーを剃ってツルツルにするのも、女性の側からの感性だと、清潔感だったり水着を着た時に目立たないようにだとかの理由だけど、男性目線だとツルツルなのがエロいということになるわね。確かに、ヘアーがないと立った時に、正面から見てそこの形が見えるようになって、綺麗に

見える気もするしなんだかそれがエロいというのもわかる。でもね、剃ると、その時はいいけど毎日こまめに手入れをしないとチクチクしてきて大変。私がツルツルにしてYのもツルツルにして、二人でお揃いというのもしてみたいと思うけど、Yがうんと言ってくれないの。女性がツルツルにしているのは綺麗でいいけど、男性がしていると他人とお風呂に入った時にとても恥ずかしくて変に見えるからというのが理由だけど。私だってツルツルにして他人とお風呂に入る時はちょっと恥ずかしい。日本人の中ではあんまりいないからね。逆に女性で手入れしていなくてすごくボーボーな人も時々いるけど、それはそれでなんだか恥ずかしいわね(でも、そういうボーボーなのがいいって言う男の人もいるらしいけど。面白いわね)。

Yと私と一緒にツルツルにして写真を撮ったらなんだかいいんじゃないかしらって思うけどどうかしら(Hね)。

スリップが好きっていうのもその感性の違いよね。私はYに教えられたスリップを着始めて、鏡に映る自分をみて綺麗って思えたのがはまった理由だけド。男性がスリップを好きっていうのは本当に色々な感性からきているのね。でもある程度共通しているのは、幼い頃は思春期にお母さんやお姉さんだったり、また同級生なんかのスリップ姿なんかに刺激されてそれ以来特別な感情に支配されているということみたいね。単なるナイロンの布なのにね。

これも随分前に書いたけど、確か夕刊紙か何かに投稿されていた内容である女性の投稿が面白かった。この人は一人暮らしの女性なんかで仕事が忙しくて彼氏なんかもいなくてストレスがとても多

い状態だったらしいの。それで、ある日仕事ですごく嫌なことがあって、家に帰ってすぐシャワー浴びようと思ってお風呂場に行ったのね。ショーツを脱ぐ前にすごくおしっこをしたくなって、その時になぜかお風呂場でショーツを履いたままおしっこをしたらどうなるかって思いついてやってみたんだって。そしたら、なぜだかわからないけど、全身にすごくゾクゾクした快感みたいなのが湧いて来て、それ以来帰宅するとショーツを履いたまま大風呂場でおしっこするのが癖になってやめられないで悩んでいるっていう話だったの。これもある意味でフェチなんでしょうし、変態と言える行為なのかな?本人だけで満足している分には平気だし、それで何も問題はないと思うのね。でも、もし彼氏なんかができてもひょっとするとどこかでこの快感が忘れられずにこっそりとそういうことをしていて、悩むことなんかにならないかしら?多分こういうのって彼氏なんかに告白したいんでしょうけど、でも話して嫌われたらどうしようって悩んで、でもやめられない。そう思いながらそういう行為をするとそれがまたゾクゾクしてしまうということになっ

てしまうんじゃないかしら。

Yのような人ならそういう事を面白がって受け入れてくれると思うけどなあ。そんな人ばっかりじゃないしね。この人の場合、誰かにやってって言われた訳ではなくて、自分でそうなっちゃったじゃない?それぞれ人によって違うとは思うけど、この人みたいに突然何かしてしまってそれが病みつきになって行くことってあるんじゃないかしら?Yの話にあるように思春期になぜかお母さんのスリップを着てみた瞬間と、この人がショーツを履いたままおしっこをしたといのも同じような感じなのねきっと。理性で考えたら、やらないことをやってしまってそれが快感になってやめられなくなってしまうことってみんな何となくあるのかしらね。

私は、以前Yにビルの外の階段の踊り場みたいなところで、いきなりスカート捲られてバックでされた時があったけど、普通ならいきなりそんなところでって嫌じゃない?でも、その時はなぜだかすごく嫌という気持ちがありながら、すごく感じてしまったのね。

今日はあんまりスリップの話してないわね。でもちょっといつもとは違う感じね。読んでいるみなさんのスリップに対する思いやきっかけなんか聞かせてほしいわね。


閲覧数:1,510回0件のコメント

最新記事

すべて表示