top of page
  • ycgogo

桜の下で


今年は桜の開花がとても早かったわね。もう東京では4月に入った時点で桜も終わりになってきていたものね。昔は桜は入学式のイメージだったけど、今は卒業式に桜なのね。

ちょっと前の話だけど、Yとお花見に行こうという話になったのね。綺麗な桜を見ること自体素敵だけど、自分のお気に入りの相手と一緒に桜を見るというのもなおさら素敵よね。お花見って言うと、桜の下で飲んだり食べたりがメインで、桜はそれの理由になっている気がするわね。もちろん桜の下だからというのも大事な事でしょうけど。

私たちは、あんまりお花見といってもそんな飲んだり食べたりはあんまり興味がなくて、私はYと手を繋いで桜を見るだけで満足。


でもね、もちろんYからお花見に行こうなんて誘われたら、絶対それだけでは済まないのがわかっているので、Yが喜びそうな綺麗なスリップを着てお出かけ。やっぱり桜に合わせたらピンクよね。Yは本当にピンクが好き。男の人ってみんなピンクが好きなのかしら。ピンクが好きっていうよりもピンクを着ている女の人が好きなのね。ピンクの下着って言葉だけでもYは感じる部分があるみたいね。

お花見も夜桜見物っていうから、どこへ行くのかと思ったら、有名な場所ではなくてなんだか行ったこともないような小さな公園。確かに、何本かすごく綺麗な桜が咲いていてとても綺麗。でも、ほとんど人がいないのね。私達だけ。

こんな公園でも、灯りがついていて桜がとっても綺麗。Yは私の手を取って桜の木の下へ。幸いに周りに誰もいないのを確認したらいきなり私を抱き寄せてキス。夜桜の下で、花びら

が少し落ちてくる場面で好きな人とのキスってとっても素敵。こういう場面は女の私の感性

がとても刺激をされる。本当にうっとりしてムードたっぷり。

でもね、Yはやっぱりそういう感じではないのね。キスをしながら左手で私を抱え、右手がだんだん下がってくるのね。そのうちに、お尻の上を右手で撫で始めたと思ったら、その右手がスカートの中に。そしてスリップの感触を確かめてる。そしたら、キスをしたまま左手もスカートの中へ、そして両方の手でスリップの上から私のお尻を撫で始めたのね。これってスカートが捲られて、スリップが見えているじゃない。キスされて熱い気持ちになりながら、そういう部分は冷静なのね。誰か来てみられたらどうするの、恥ずかしいわ。Yはだんだん大胆になって来ていて、もうすっかり私の

スカートは捲り上げられて、下半身はスリップだけになっている。

Yは、私の唇から離れ、少し体を下げ私のスリップが顕になった下半身をじっくりと見始めたのね。ずーっとスカートを捲り上げられたまま。「いや、恥ずかしい、許して」そういってもYはニヤニヤするばかりでやめてくれない。とっても恥ずかしい、そう思いながらも私のあそこが潤ってくるのがわかる。私も、こういうのをまんざらでもないと本心では思っているのね。口では恥ずかしいからやめてと言いながらも、本心ではこれを楽しんでいるのがわかる。人がいないから良かったけど、もし誰かがみてたらどうしようなんて思ってしまう。誰かが見てたら困るからやめてという私と、もしこんなところを誰かにみられたら恥ずかしいけど興奮すると思っている自分がいるのね。Yはひざまずいて、私の下半身のスリップに頬擦りをしはじめた。どうしましょう。そうされるのは嬉しいけど、でもここじゃなくてちゃんとホテルに行きましょう。私は嫌って言わないから。あれ、Yは私の上半身の服のボタンまで外そうとしている。「何するの?」Yは、「桜の下に立つスリップ姿の君の写真を撮りたい」なんて言い出す。「ちょっと待って、さすがにそれは勘弁して、誰かに見られたら大変よ(あれ、じゃあ誰かに見られなければいいのって思われるわね)」。こんな言い方してしまうのは、多分私も桜の木下でスリップ姿で写真を撮られるということはちょっといいなっって思ってるってことね。

Yもそこまで強引ではなくて、結局そのあとタクシーに乗ってラブホに行き、いっぱい二人で幸せな時間を過ごしました。Yったら、タクシーの中でも我慢できずに、こっそり私のスカートの中に手を入れて、ショーツの中にも手を入れてきたりしたのよ。それだけでなくて、タクシーの中でオフェラしてくれないなんて耳元で囁いたり。結局ホテルまでお預けにしたけど。本当にHね。

本当の気持ちはもう一つ、私も想像したんだけど、もし桜の下でどうしても私のスリップ姿を撮影したいのなら、Yにもピンクのスリップを着せて一緒にならいいよって言ってみたかった。そうしたらどんな顔したかしら?案外Yのことだから、そんなこと言ったら「やるやる」なんて言いかねない。

桜の下でピンクのスリップ姿の写真って悪くない気がする。ちゃんと撮影機材を持って、撮影してますって感じにしたら、そういう写真も撮れたのかしら?なんてね。


閲覧数:4,774回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page