• ycgogo

近所の美容院


またYです。大学生時代に住んでいた家の近くに小さな美容院がありました。普段そこの横を通って駅まで歩いていました。普段は普通に歩いている道にあるというだけで特別に何か意識をすると事もなく、ただ日常の私の生活の中にある風景でした。

ある日、いつも通りに歩いていると美容院の横に洗濯物が干してあるのに目が止まりました。それは白いブラスリップでした。それまでも、スリップやブラスリップが干してある風景をみることはありましたが、なぜかその日はそれがとても気になってしまいました。というのは、私の住んでいた所から近くににあった洋品店が一人暮らしをして最初にスリップを買った店で、それも慌てて買ったので白いブラスリップでした(この話は以下をご参照ください)。Yが一人暮らしをはじめた頃 (ycgogo.online)


そして、この美容院はその洋品店を通り過ぎて駅まで行く途中にありました。だからということではないのでしょうけど、なぜかその白いブラスリップがとても気になってしまいました。

当時、私は髪を切るのにどちらかといえば美容院へ行っていましたが、その店は私が行っていた店ではありません。しかし、それからというものその店が少し気になっていました。あるひ、その美容院の前を通ったら年齢でいえばちょうど40歳になるかならないくらいの品が良さそうでちょっと綺麗な人が店の前の掃除をしていました。美容院自体は小さな店でしたので、「きっとこの人が一人でやっていて、あの白いブラスリップはこの人が着ているものだ」と思いました。それからは、そのことが気になって仕方がありません。一度その美容院で髪を切ってもらおうと決心しました。それから、少し髪が伸びた時にいつもの美容院には行かずに、その小さな美容院

に行きました。丁度お客さんは一人でしたので、待っていましたが間違いなくその人が髪を切っていました。そして若い助手のような女性が手伝っていました。しばらく、待つと私の番になりました。私は少しドキドキしながら椅子に座り髪を切ってもらいました。他愛ない世間話をしていましたが、実はブラスリップが透けて見えないかなという期待をしていました。しかし、店の中は冷房が良くきいていて、その人はブラウスの上にカーディガンを羽織っていました。つまり、全然透けて見えるという状況にはならない訳です。そんな訳でその日は自分の期待を満足できずに帰りました。

しかし、それ以来その美容院の前を歩いて駅まで行くようになりました。そして、その美容院で髪を切ってもらうようになりました。しかし、髪を切る頻度もそうそう多くはありません。行くたびに、期待を裏切られては帰る日が続きました。そして何度目かの日、その日は冬で暖房が入っていたのですが、少し暖かい日になり暖房を入れていると少し汗ばむくらい

でした。私はいつものように椅子に座り髪を切ってもらっていました。そうしたら、その美容師の女性が「今日は暑いわね、ちょっと失礼しますね」と言いながらカーディガンを脱ぎまして。いうまでもなく、私の目は輝き五感が研ぎ澄まされるような気持ちになりました。向こうを向いてカーディガンを脱ぐのが鏡に映っています。そこには紛れもなくブラウスの下にブラスリップがはっきりと分かりました。もう、なんというか少し胸がドキドキ、気持はウキウキ。それが顔に出ていたのだと思います。「あれ、どうかしました?なんだか嬉しそう?」と言われましたが、照れ隠しに「いえ、別に何もありません、ちょっと楽しい事を思い出したので」と言って誤魔化しました。しかし、それ以上に困ったのは、男性ならば誰でも経験がありますが、股関が熱く、大きくなっていきます。でも、そこは美容院、切った髪の毛よけに大きなエプロンがかけられていて、股間はその下にあるので無事セーフでした。もうその日は夢見心地でした。その後、何回か美容院で白いブラスリップが透けて見えるのにお目にかかることがありました。しかし、そうしているうちにもう一つの疑問が湧

いてきました。なぜこの人はいつもブラスリップなのかということです。もちろん、そんな事を面と向かって聞く事なんかできません。白いブラスリップが透けているのを何度か見られただけで満足でした。しばらくたって、その店の横を通ると、白いブラスリップと並んで白で胸と裾周りにレースのついたスリップが干してありました。ちょっとドキドキして、またなんとなく嬉しいような気持ちになりました。自分の新しいスリップが手に入ったわけでもないのに、そんな感じの気持ちになりました。そうすると次に思うのは、ブラスリップだけではなくこのスリップが透けているのを見てみたいということです。

美容院にもそんなに頻繁にいくわけではなく、1ヶ月に1度くらいです。その数少ないなかで、それを見られる場面も限られます。冬場はまず無理です。それから数か月したある日、やはりこの日は店の中が少し暑かったのか、ブラウス姿でカットをしてくれました。なんと、その日はブラスリップではなく、レースのついたスリップとブラの4本線です。白いブラウスの下に透けてみえる白い4本線のなんと神々しくみえること。私の好みを察してくれたかのように勝手に思っていました(もちろんそんなはずもありませんが)。その日はたぶん、私のそんな感情が表情に出ていたのだと思います。「なんだか今日は嬉しそうね、何かいいことでもあったの?」と聞かれました。私の心の中を見透かされたような気分でしたが、だからと言って本当の事なんかいえません。

「いえ、別に、でも今日はいつも以上にお綺麗ですね」などとお世辞めいたことを言いましたが「あら、どうしたのかしら?そんなこと言って、何にも出ないわよ」といいながらも、「今日のこのブラウスはお気に入りなの、いいでしょ」というので、「綺麗です、白いブラウスとてもお似合いです」というと「あら、うれしいわね」といいながらまんざらでもない感じ。そういいながら、私はブラウスの下に透けるスリップのレースを目で追っていました。

結局大学の4年間そこに通い、卒業・就職で違う場所に移ってしまったので、それっきりでしたが。今はどうしておられるのかな。

閲覧数:4,000回8件のコメント

最新記事

すべて表示