• ycgogo

白い下着って


男の子も女の子も、子供の頃はみんな白い下着を着てたわね。私の母なんかは下着の基本は白っていう感じだったわね。確かに、中学校くらいまではみんな白い下着を着てたわね。

でも、中学の途中くらいから、おしゃれな子は白じゃない下着をつけ始めていたわね。それでも、ショーツにワンポイントが入っている物だったり、ちょっと柄がついたりしている物だったわね。ブラはほとんどの子が白だったわね。

それが高校生くらいになると急に、カラフルな物を身につけ始めるわね。最初はピンクだったりブルーだったりするけど、今はもっと赤とか紺とかそんなのを着ているわね。私も高校生くらいから派手な下着を好んで着るようになった。高校の制服がセーラー服だったりすると夏服だと下に透けるからあんまり派手な色の下着とか着られないけど、私の高校はブレザーだったから、結構派手なのを下に着ても平気だった。だから体育なんかで着替える時はみんな色々なのを着ているのがわかったわね。

私もYと会うまでは、派手な下着ばっかり着ていたわね。でもYに白い綺麗なレースのスリップと黒い綺麗なスリップをプレゼントされてから変わったの。

特に白い下着は、それまで子供や古臭い下着ってイメージを持ってたから、こんなに素敵でこんなに自分を綺麗に見せてくれるなんて思いもしなかった。綺麗な白いスリップに包まれて、綺麗なホテルの真っ白いシーツの中のお布団の中にいる時はなんだか、自分が素敵になった気分になれてとても幸せ。

Yにとっては白いスリップは、お母さんの思い出だったり、高校生の頃女の子のおセーラー服の間から見えていたスリップだったりするのね。だから、私が白いスリップが好きになったを喜んでくれている。Yが言ってたけど、ピンクのスリップがいいと思ったり、ブルーのスリップがいいと思ったり、また別の色々な色のスリップがいいと思ったりもしたけど、やっぱり白いのがいいってわかったって。

だから、Yは私が白いスリップを身につけると、Yも白いスリップを着たがるの。

その時はYはとっても嬉しそうな顔をする。そんなYの顔を見たら私も彼を喜ばせてあげたいという気持ちが強くなるの。でもね、白いスリップを身につけた時は、いつもみたいにいきなりエロ全開みたいにはしないの。ちょっと純愛っぽくじっくり抱きしめてもらって、お互いのスリップが擦れ合う感触を感じてから、熱いキスを。長いキスも幸せな気持ち。最初はソフトな感じから始まってもすぐに、ねっとりとした舌の絡み合いでだんだん息も荒く、少しづつエロくなってくるわね。時には甘えてそのままキスをしたままでお姫様抱っこをしてもらってベッドまで連れていってもらう。そうされるのはとっても好き。ベッドに入ってもしばらくは、抱きしめ合いながら熱いキスを続けるの。Yは唇を私の乳首に移動させてくる。とても嬉しくて私もいっぱい

感じたいんだけど、やっぱり私がYをいい気持ちにしてあげたい。だから、私の唇はYのジュニアへ。Yのジュニアを愛おしいって思う。これは私だけの物。でも、ジュニアだけでなく、Yのタマタマの方を可愛がってあげる。私の唇や舌でいっぱい可愛がってあげる、時にはタマタマをほおばってあげると、Yがすごく感じてくれるのがわかる。そして、タマタマの後ろ側にゆっくり舌を這わせてあげて、そしてジュニアの裏筋のところへ這わせてあげてから、先っぽ全体をゆっくりほおばってあげる。Yが悶えて喜んでくれる。最近はタマタマに舌を這わせながら、お尻のところをイタズラしてあげる。私もここを責められるとすごく弱いけど、Yもそう。その時の悶え方は女の子みたいね。スリップを着ているから余計にそうなのかな?

閲覧数:1,403回0件のコメント

最新記事

すべて表示