• ycgogo

昔の映画の中で


最近YouTubeを見てたら、昔の映画をやっていたの。渥美清が主演で「喜劇特急列車」という映画。昔のブルートレインが舞台なんだけど、その中でちょっと悪そうな女の人たちが寝台車でお酒を飲んで大騒ぎをしてるのね。そして、寝るわよって、堂々と着替え始めるの。その中の一人が、ワンピースを脱いでスリップ姿になる場面があったのね。白いいわゆるスリップって感じのスリップだったけど。まあ、映画だからなんだろうけど、普通は着替えるならカーテンの中で着替えるのに、あんなカーテンの外で着替えないわよね。そして、他の女の人達もカーテンの下がった中で寝てるけど、みんなスケスケのネグリジェなんかでいるのね。実際

には寝台車なんかであんなことはなかったと思うし、映画だからよねとおも思うわね。

でもね、母なんかに聞いてると、昔結構スリップ1枚で外に出てたりしてたって言ってたから、ひょっとすると本当にそんな場面もあったのかもね、どうかしら?母の話だと、昔は夏の夕方なんか結構スリップ姿で家の前で涼んでる人なんかよくいたって言ってたわね。一体、いつの時代って思うけど。そんな時代があったって今からだと信じられないわね。

私は、高校生くらいの頃から、Yに会うまではスリップを着てなくて、下着はブラとショーツとストッキングだけ。若いと言うのは偉大だと思うには、冬でもブラだけでその上にブラウスやセーターなんかを着ていて平気だった。お腹の肌がすぐ見えちゃうような状態だったけど、それで平気だったのね。今は逆にスリップを着なれると着てないとなんだか落ち着かない気持ちになるわね