top of page
  • ycgogo

女装スナック



Cです。久々にYと一緒に新宿三丁目の女装スナックに行きました。三丁目と言ってもかなり二丁目に近い場所。以前この店でYを女に変身させた店ね。

コロナなんかあってこういう店に来るのも久しぶり。今回はYを変身させるのは無し。

店はカウンターだけのスナック。ビルの2階にあって3階に変身をさせるルームがあるのね。だから、男性として来てここで着替えるのもOKだし、女装してくるのもOK。料金は女性が少し安くて、女装した人も女性料金。

この日は男性、女性、女装の人がそれぞれ同じくらいの人数。

もちろんカウンターの中にいるママは女装の人。こういう店のママってとっても話し上手だし、話し自体が面白い。そして、相手の雰囲気や心の中なんかをうまく見抜いて会話をしてくれる。

久しぶりだったけど、私とYのこと覚えてくれてた。

「あら、久しぶり」から始まって色々世間話。そして「あら、今日は彼氏男のままなの?女

にならないの?」と聞いてきた。Yは照れながらも、「今日はそのつもりで来たんじゃないです」と答えると。「あら、正直じゃないわね。私はあなたの本心はわかるわよ。本当はそうなりたいはずなのに、私にはわかるわよ。ねえ」と私に問いかけてくる。「私は、以前あなたが女になった時の姿一目見てわかったわよ。ああ、この人はそうじゃないって顔をしてるけど、本心は絶対に私みたいになりたいはず。結構前回うっとりしてたわよ。ねえ、そう思うでしょ」とまた私に問いかけてくる。「ねえ彼を女にして私の隣でカウンターに立たせたら絶対人気でると思うけど」ですって。そうしたら、私の隣に座って飲んでた女装の人が「あら、以前女装したの。見たかったなあ。きっと綺麗になったんでしょうね」面白いのはこの人は趣味で女装をしているだけで、中身は男を維持してるから話すのは男なのね。結構大柄で明るい茶色のロングヘアー、結構ミニスカートで座ってるから太ももが結構見えている。奥のショーツが見えそうな感じ。また大柄な人なので結構太ももが太いのね。それでも薄い黒のストッキングに包まれていてなんだか私がドキドキしてしまう。Yも少し大柄だけど、ここまで脚が太くはない。

その人以外にも2人くらい女装の人が居た。それから女性が2人。友達同士らしいけど。酔

って来ていて、女装の人と話が盛り上がっている。会話をこっそり聞いてみると「ねえ、ねえ今日はこの格好で家から来たの?お化粧は自分でするの。私なんかよりお化粧上手なんじゃない?」なんて話している。そしたら、「パンツはどんなの履いてるの?どんなの好きなの?普段は男物?それとも女性物?普段もブラなんかしてるの?ほら最近ブラ男とか言って普段の生活でもブラしている男の人いるって聞いたけど、どうなの?」なんてまあ酔っているにしても初対面の人にずいぶんいきなり失礼な事を聞いているのね。

でも、私も面白いとは思ってまだ会話を聞いていると、この人が正直に色々答えてあげている。下着は白、ピンク、ブルー、黒を持っているらしい。もっぱら通販(セシールだって言ってたけど)で購入しているんですって。最初サイズがわからなくて、色々試して見て、自分のサイズがわかったらしい。夢はいつかランジェリーショップに言って店員さんと話して買い物をする事らしい。そしたら、その女性2人は「そんなのなら言ってくれれば私たちが一緒に言ってあげるのに」なんて笑いながら言っている。私は、内心「この人は結構真面目にそう思っていて、そう答えてくれているはずだけど、結構茶化していってるわね。

本当に買い物に付き合ったりしないでしょ。」と思って聞いていたのね。だって、私もYと経験あるけど男性とランジェリーショップに入るのって結構女性でもドキドキする物よ。ましてや、好きでもない相手とおふざけでなんかいけないわよねえ。

話しを聞いているとどうやら一人暮らしらしい。年齢は40歳半ばくらいかな。以前結婚していて、子供もいなくて奥さんにあるひ勇気を出して、女装をしたいって話したらキレられて、それから喧嘩が多くなり、結局離婚ちゃったんだって。ちょっとかわいそうね。それで、今は一人暮らしになったから気兼ねなく女装を楽しんでいるらしいけど、家で一人でもつまらないので時々この店に来てるんですって。なるほどねって思った。

私も少し興味があったので失礼にならないように色々聞いたんだけど、Yが一番関心のあるスリップについて聞いて見たのね。そしたら、予想通り最初にキッカケはお母さんのスリッ

プ姿を見てビビッと来たんですって。そして、時々お母さんのを着て楽しんでいたらしいけど、お母さんに見つかってこっぴどく叱られて。でも、一度それを知ってしまったら、心の奥でそれがだんだん大きくなってきて抑えきれなくなって、家を出て一人暮らし始めて、そしたら下着だけでなく女装へ進んだらしい。女装をしていても、恋愛対象は女性なので、結婚をして見たんだけど。結婚したら、その嗜好が治るかと思ったけど、そうはならなかったんですって。ちょっとYに似てるわね。

今日は、ミニスカートだからスリップは着ていないけど、ナイロン素材でレースのついたキャミですって。その話を聞いていたら、先ほどの女性2人が「ねえスリップって着たことある?」「私はない、会社で着ているおばさん見たけどね」ですって。もうちょっと言い方があると思うけど。

その会話を聞いていた店のママが「女装好きな人って似たようなキッカケから始まる人多い

わよ。そしてスリップ好きだって人結構いるわよね。私は、ワンピースの時なんかは着るけど」。

私もその女装の人に、私たちのことやYの嗜好の話をしようかと思ったけど、それはYがその気になった時に自分が話すのがいいと思ってあえてそういうことは言わなかった。

Yはニコニコ笑いながら話に入ってくるでもなく飲んでたけど。時々ママがYに視線を向けて「上の階に行かなくていいの?本当にいいの?」なんてそそのかしている。Yは今日はその気分ではなさそうなので私も無理にはすすめなかった。いいのよ、このあと2人きりになったらお部屋でいっぱいスリップ着せてあげて楽しませてあげるから。


閲覧数:5,949回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page