• ycgogo

大胆な行動


こちらで、色々なお話を紹介しながら随分になるけど、これまでに紹介した話をどれくらい読んでもらえてるかチェックしてみたら、なんだかおもしろいことが分かったわ。大体お話をあげると、1週間で200位の既読数になるわね。過去の投稿みると大体500から700位が平均ね。

でも、その中で「Cが初めてYのスリップ姿を見た日」 が8000も既読数があがってる。すごいわね。

それから、「女性の後ろ姿」 が3800、「Yのお母さんが吊り型のスリップを買って来た日」 が3000。この3つの記事がすごく読まれてるのね。何が気に入ってもらえたのかしら。記事と一緒の写真の影響もあるのかしら。また、そんな感想もきかせてもらえたら嬉しいわ。よろしくね。

さて、私が最初にYと出会ったのは、私がスナックでアルバイトしてた時。Yはお客さんで来ていたんだけど、初めて会った時に私が一目ぼれ。Yは話が上手で話題も豊富、話しててもとっても楽しい。色々な話題を話してくれるし、また世界中を旅してたりしたので、色々聞かせてくれる話に引き込まれる。一目ぼれだったけど、話しているうちにぐいぐい引き込まれていくのね。


帰る時に、お店の入り口までお見送りをするんだけど、初めて会った時に、Yの会社と私の家が近いのがわかり、そしたらYが「今度会社に遊びにおいでよ」なんて言ってくれた。2回目に来てくれた時は、お見送りの時に握手したら「今度Hしようぜ」って笑いながら言ってくれた。その日はYはいつもより酔っぱらってたし、冗談のつもりだったんだろうけど、Yは普段そういう事をいう人ではなかったので、ちょっとキュンとしてしまった「本気かなあ、私のこと好きになってくれたのかなあ?」なんて思ってしまった。

その後もよくお店にきてくれたんだけど、私はYがくるといつも隣にべったり座っていつもYを独占。

帰りは、お店の入り口でお見送りなんだけど、だんだん私は大胆になってお店の外までお見送りに行くようにしてた。しばらくして、お見送りの時にがまんできなくて信号で待っている時に思い切ってYに抱き着いたの。Yは急なことで戸惑ってしまって、「おいおい人が見てるよ」といいながらもまんざらでもない感じだったわ。

その後前に話したようにYと結ばれてからはお店に出るときもいつもスリップを着ていくようになったのね。そしてYがお店に来ると、隣に座って「今日はピンクのスリップよ」なんて言ってあげて、こっそ

りとYの手をとってテーブルのしたでYの手を私のスリップに触れさせてあげたりしてたのね(なんかピンサロみたいね)。そうすることで、Yもお店が終わった後誘ってくれたりしてくれたわ。

ある日、その日は私の中でのHな気持ちが強くなって、テーブルの下でこっそりとYのあそこを触ってあげたりしてたのね。そしたらYもすごく我慢ができない感じになってたのがわかった。

その日もYが帰る時にお見送りに出ていったけど、その日はお店をでるとYが私の手をとってビルの階段の方へ連れていってくれたのね。確かに、人が来ない場所ではあるけど、そこでキスしてくれると思ってたのね。でも、Yったら、いきなり抱きしめて「ここでしたい」なんて言い出したの。私はどうしたらいいのかしらと戸惑っていたら、Yはもう強引に私の背なか側にまわり、私のスカートをまくり、ショーツを下げた。「えっ、えっ、こんなところで、困るわ」と思いながらもYはもう自分の物を出していきなり私の中に。私は、Yは私とHをする時にはいつもどちらかといえばムードを大切にしてくれるけど、こんな事はこの日が初めて、私はもう逆らうことや何かいう余裕もなく、されるがまま。すごく恥ずかしかったのと誰かきたらどうしようという気持ちと、早くお店に戻らないとママに怒られるという気持ちが混在してたけど、でも本当はこの状況にすごく興奮して感じてしまったの。

誰か来たらどうしようという気持ちですごく冷静な部分と、ひょっとしたら誰かに見られているのかもしれないという気持ちもあって、なんだかすごく感じてしまったのね。

そんなに長い時間をかけるわけにはいかなかったけど、それでもいつもよりお店にもどる時間が長くなってしまった。だからお店に戻ったら、ママに「遅かったわね。なにしてたの?」って怒られたわ。

それから、Yも私も大胆になって、別の機会では、私とYが奥のボックスで、ママと常連のお客さんがカウンターという状況になったのね。そしたら、Yったら、こっそりテーブルの下でズボンのファスナーをあけて自分の物をこっそり出してきたのね。もちろん、ママのところからは死角になってるから見えないんだけど。で、私に触らせるね。それだけでなく、私にフェラを頼んできたの。私は困ったけど、落としたものを拾っているふりなんかして、テーブルの下でこっそりしてあげた。


大胆よね。もし、ママがこっちにきたらどうしようと思ったら、すごくドキドキしたけど、私もそれを楽しんでたのね。

それから、ある時はYが着るスリップを持ってきて、Yにトイレで着てもらったりしたの。テーブルの下でYのズボンのファスナーを開けて、がYが着ているスリップが顔をだすから、そのの生地でYのあそこをスリスリしてあげたりしたの。Yはすごく喜んでたわね。

しばらくして、私はその店をやめちゃったけど(その方がYと会える時間が取れるからだけど)なんてことをしちゃったのかなあと思うけど、ちょっと楽しかったわね。やっぱり、私って普通じゃないのかな。


1,105回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示