• ycgogo

初めてピンクのスリップを着た日


私はもともとスリップを着なかったし、Yにプレゼントされてからスリップを着るようになったって話は何度もしたわね。最初にYにプレゼントされたのは黒と白。

でもしばらくしてからピンクのスリップをプレゼントされた。実は、私はピンクってあんまり着た事なかったのね。もちろん高校生くらいの頃にピンクのショーツなんかを履いたことはあったけど、ピンクのブラって持ってなかったし、なんか自分の雰囲気に合わないと思ってたのね。高校卒業してはじけてた頃は、外から見えないからって結構ビビッドな色を好んで着てたの。赤のブラとショーツのセットなんか結構多かったなあ。

それでYからピンクのスリップをプレゼントされたときはなんか最初はちょっと恥ずかしかったの。だって、Yが私にピンクを着せたいって思ってたってことでしょ。男の人にとってピンクの下着ってなんだか特別なイメージがあるのね。だからピンクのスリップを着て見せてっていわれて、それをきてYの前に立った時は、Yがすごく喜んでくれたけど。私は、なんだか自分のイメージと違うんじゃないのかなあって感じがしてた。でもYは不思議な人でだんだん私の気持ちを変えてくれる。だから私もピンクのスリップを着るときはお化粧のイメージも変えてみたりしたの。黒いスリップの時は濃いめで強い赤のリップなんかだけど、ピンクの時はそれに合わせてピンクっぽいリップにしたり、アイシャドー

も薄めのブルーにしてみたり。私がピンクのスリップを着たのを見た時、Yはなんだかうっとりした感じででも少し羨ましそうな感じだった。すぐにピントきたの。「これはYもピンクを着たいのね」って。でもまだそのころはYに着せてあげるスリップがあんまりなくて(私がプレゼントされ始めてる頃だからね)、ちょっぴりその表情がかわいかった。

次に会う時までに私はYのためにこっそりランジェリーショップを回り、Yがくれたのと同じピンクのスリップを探したの。似た感じのはあったけど、同じのはなかなかなくて、でもここはやはり同じのがYがきっと喜ぶからと思って探したら、やっと見つけて。でもYにはもちろん内緒。

それで次にYと会った時に、私はピンクのスリップを着けていった。上に薄目の白いスリップを着てお出かけ、食事をしている時に上着を脱いだ。白いブラウスの下にピンクのスリップのレースがうっすらと透けて見えている。絶対にYは気づいているはずねって思いながら食事をしながらYの表情を

みていたのね。お店を出る時、Yは私に上着を着せてくれながら耳元で「今日はピンクだね」って囁いてくれる。「もちろんよ、ピンク好きでしょ。あなたがよろこぶと思ったから。後でゆっくりみてね」なんて私も調子にのって囁く。

ホテルに入ると、いつものようにYは少し急がせるように私のブラウスを脱がしてピンクのスリップ姿にした。ここで私は、「ちょっと待っててね。今日は私からプレゼントがあるの」と言いながらYに小さな袋を渡したの。突然のことにYは驚きながら「今見ていい?」「もちろんよ」と私は答える。

次の瞬間のYは「何、スリップ、それもピンクだね。どういうこと?」私は、「サイズ見て」Yはサイズを確認して「えっ。このサイズ、ひょっとして僕に」「そうよ同じデザイン、着たかったでしょ。私もお揃いで着たかったの。早く着て見せて」。この瞬間のYの嬉しそうな表情を写真に撮っておきたかったくらい。Yも急いでピンクのスリップ姿になり私に前に現れる。なんだかピンクのスリップを着たYが可愛く、愛おしく思える。これが、私がYにスリップをプレゼントした初めての日。


その後は、二人で一緒に鏡の前に立ったり、窓際に立ってみたり(高層ビルの部屋だから外からは見えないんだけど)。Yは自分でも鏡の前にたってみたり本当に嬉しそう。私もお揃いというのが嬉しい。私は、Yのスリップを買った時に合わせて似た感じの色とデザインのブラとショーツを買って合わせて着ていたのね。まだ、この頃はYにスリップを着せてあげることは考えてもブラとショーツを着けさせることは考えもしなかったわね。でも今思えば、ブラとショーツも買ってあげて全部着けさせてあげればよかった。(その時そうしていたら、きっと今頃Yはスリップだけでなくてブラとショーツも着けるようにきっとなってたわね。毎日スーツの下にブラつけている人がいるってっ聞いたことあるけど、Yもそうなったかしら。なんだかそんな想像も楽しいわね。)

その後、一度スリップを脱いで一緒にお風呂にはいったのね。いつもはYはお風呂から出ると違うス

リップを私に着るように頼むけど、この日はそのままピンクのスリップを着とほしいと言われた。Yもおそろいで過ごすのがいいのね。その後2人でピンクのスリップを着けてベッドへ。スリップを一緒に着てベッドで過ごすのはとても素敵。お互いのスリップの生地が擦れ合う感じがとても気持ちいい。Yも自分の肌とスリップの生地が擦れ合う感触を喜んでた。この時間はとても素敵。もちろんその後はYはいつも私をとても満足させてくれる。わたしもお返しにYを喜ばせてあげる。

この日から、私はしばらくピンクを着るようになった。意識してピンクの下着をそろえるようになった。なんだかピンクの下着をきると優しくなれる気がしたのね。





423回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Wix.com で作成されたホームページです。