• ycgogo

中学時代のH先生


またまたYが思い出話しをします。

私が中学の頃のH先生のことです。ちょうど私が中学2年の時にH先生は大学を出た新任として私の学校に着任されました。ですから、若くてとてもフレッシュでエネルギーが満ち溢れた感じの先生です。

元々バスケットをずーっとやっていて専門は体育の先生でした。少し丸顔で少しぽっちゃりで、長い髪をいつもポニーテールにしていました。普段はいつも運動着姿で、放課後はバスケットボール部の担当としていっしょに女子生徒と汗を流していました。どちらかといえば、爽やかなスポーツウーマンでいつもニコニコ元気にされてる先生という感じの人でした。そしていつも運動着であまりお色気みたいな感じはなく、上が白い体操着の時に少しブラがわかるくらいと言う感じでした。

それでも時々何かの用事があった時などはきちんとした格好で来ていました。ちょうど保健の授業の時にたまたまその日に当たりました。珍しく上下に分かれたスーツで下は白いブラウス、スカート

は膝丈くらいです。いつも運動着姿しか見ておらず健康そのもののイメージしかなかったH先生がスーツ姿だとななんだか素敵な女性に見えていました。

授業が始まった時に、普段と違うスーツ姿で来られた時点で、ちょっとなんだかドキドキした感じがありましたが、それ以上のことが起きました。

授業の途中で「ちょっと今日は暑いわね」と言いながら上着を脱ぎました。すると、目にも眩しい真っ白なブラウスに。白のブラウスに下は膝丈くらいのスカートと言うOLのような感じでしたが、普段体操服姿ではあまり目立った感じではなかったのにブラウスになったらその胸が結構ボリュームがあるのがわかりました。

それだけでも、ドキドキ感が増していったのですが、黒板に向かって字を書き始めた途端、明らかに

その背中には綺麗なレースが浮かび上がり、またくっきりとブラとスリップのストラップがわかりました。

真っ白なブラウスの下にこれまた真っ白なスリップの綺麗なレース。

それがわかった瞬間からもう授業どころではありません。ノートを取るのも忘れてH先生の背中ばかり見つめることになってしまいました。

先生が正面を向いた時には、その胸の辺りにうっすらとスリップのレースがわかり、また興奮です。座っているのが幸いで、私の下半身はすっかり固くなり困った状態になっていましたが、周りから気づかれることもなく過ぎました。でも、私だけでなく同じような目でH先生を見ていた男子生徒はたくさんいたと思います。

そうこうしているうちに、H先生は黒板の上の方に字を書くため右手を上に上げて伸びをするような感じで書き始めました。これはひょっとしてと期待していたら、期待通りにスカートの下から白いスリップのレースが顔を出します。もうたまりません。その後も先生がそうなるたびに、スカートから白いレースがチラチラ顔出します。本当にもう授業の内容は全く頭に入っていません。

私の頭の中には「H先生は白いスリップを着ている」ということばかりが繰り返され、スリップ姿のH先生のイメージが頭の中から離れなくなりました。

中学2年の時は隣の席は女子でした。私の隣の席の彼女とは比較的仲が良かったため、いろいろな話ができました。H先生のスリップが拝めた次の休み時間にその隣の女子に思い切ってそのことを話してみました。「さっきの授業でH先生のスカートからチラチラレースが見えててたでしょ。気になちゃってね」「あらYくん、そんなとこ見てたのHね。いやねもう」「そんなこと言われたって、あんなにチラチラ見えたら気になっちゃうって」「そうね、正直私も気になってたわ。途中、先生見えてますって言ってあげた方がいいのかしらって思ったわね。でもね。H先生綺麗なシミーズ着てるなあって思ってた。良いわあ、大人っぽくて私も早くあんなの着てみたいわ。憧れちゃう」と言う会話で盛り上がったので、思わず「君はどんなの着てるの」と思わず聞いたら「H、そんなこと教えてあげないわよ」と言いながらもニコニコしていました。この日は、彼女もちょっと機嫌が良くて色々話してくれた「私なんかのはねえ、あんなに綺麗なレースはついてないのよ。裾の方にチョロっとついてるだけだし。そ


れにあんな紐で吊るような形のシミーズじゃないのね。」私は、さも知らなかったような感じで「へーえそうなんだ、そんなに違うんだ。知らなかったなあ。チラっと見せてくれたりしないよね。」「馬鹿、H、嫌に決まってるじゃない」と言いながらも笑顔でした。もちろん、見せてはくれませんでしたが。「ねえねえY君、Y君はお姉さんとか妹とかいないの」「男兄弟だけだよ」「だからなのね。お姉さんとか妹とかいれば私のそんな話にそんなに興味を示さないと思うけど、男兄弟だとそう言うこと思うのね。」などと言われました。確かに、家の中で女性の下着は母のだけだからね。その子とはなんかの拍子でその後も時々そんな会話になることがありました。と言ってもあまり深入りはしませんでしたが。あの先生はどうしているかなあ。その子もだけど。今思えば、スリップと言わずにシミーズと言ってましたね。その子はいくつくらいからストラップのスリップになったのかなあ。

閲覧数:2,196回1件のコメント

最新記事

すべて表示