• ycgogo

ベージュのスリップ


私はベージュのスリップはあんまり着ないの。スリップだけじゃなくてブラもショーツもベージュのは着ない。

なんだか実用本意みたいだし、おばさんっぽい感じのデザインが多いのね。

時々ネットでみると綺麗なデザインの物もあるのね。ベージュだと、綺麗なレースなんかがあしらわれたものはずいぶんイメージが違って綺麗に見えるわね。

でも、なかなかそんなの売ってないの。本当に、おばさんが日常生活感溢れる感じで着ているような物が多いわね。

Yに聞くと、昔ベージュが出始めた頃は、ベージュの下着を着ている人はどちらかといえばおしゃれの意識が高い感じの人が着てたんだって。それまで、下着といえば圧倒的に白が正しくて、色がついた下着はHなものというイメージだったのね。今ピンクの下着なんか当たり前だし、どちらかといえばピンクは可愛い感じってイメージだけど(これは女性の感覚か

も、男性は違うのかな?)、昔はピンクの下着イコールお色気感覚みたいな感じだったらしいのね。ましてや黒の下着なんか論外よね。

それで、そんな中に出てきたベージュの下着って画期的だったんだって。つまり、ベージュだと透けにくいと言うことでそう言う意識がある人が最初に着始めたらしいのね。

確かに、白の下着って意外に透けて見える感じがあるし、下に白の下着着てますってはっきりわかる感じよね。私も高校時代は女子校だから良かったけど、体育の授業の時に白い体育の服の下にブラなんかがはっきりわかるじゃない。あれ、共学で男の子いたら結構意識されると思うなあ。

それが、ベージュだと確かに分かりにくくなるわね。ピンクなんかも白より目立たないわよ。意外なのは、赤。赤だと白い体操着の下でも結構わかりにくくなるわね。

それとニットの薄いセーターなんかで網目があるものなんか、ベージュだとわかりにくわよね。そう

言うのを意識している人が着始めたんだって。

それがいつから、どうしておばさんの日常下着みたいになったのかしら。ベージュのもう一つのメリットとして、白より汚れ目立たない感じがあるわね。汚れが目立たないって言うのは正しく無いかもしれないけど、着古してきても、元々ベージュ色だからそんなにおかしな感じにならないってことね。白だと、長くきてると白がくすんできた感じになって、なんだか古い感じになるわね。そう言う経済的な理由でおばさん達が着るようになったんじゃ無いかしら。

Yが言うには、高校時代何人かベージュのスリップを着てる人がいて、セーラー服の間からそれがチラチラ見えた時に、あんまりいいと思わなかったって言うのよ。それはやはり白いスリップの生地が見えた方が良かったって。なんだか高校生なのにおじさんみたいなこと思ってたのね。


憧れの女の子が着ている真っ白なスリップがチラチラ見えるのが良かったって。

私はYにセーラー服を着て、そも再現みたいなプレーはしたことないけど、時々そうやって楽しんでいるカップルの話聞くわね。

今までは、Yはベージュのスリップがいいなんて全然言わなかったけど、最近は綺麗なのならいいなあなんて言い始めているわね。この間、自分でどこかで見つけてベージュのスリップ持ってきた。私のじゃなくて、Yが自分で着られるものね。これが綺麗なデザインで生地の肌触りもすごくいいものなのね。これかならいいかもしれないと思ったわね。私もこんなのなら綺麗にみえるかもしれない。

それで、Yが自分でこれ着たらすごく興奮しているのがわかった。彼はきっと頭の中で色な事をイメ

ージしてどんどん興奮が進むのね。こういう状態をみると、私もちょっと意地悪をしたくなるのね。ちょっと意地悪で卑猥な言葉をかけてあげる。Yは「恥ずかしい人ねえ」という言葉に興奮する。いいながら、私も興奮してくるのがわかる。私にもそういう言葉で自分を酔わせる素養があるかもしれないわね。視覚と自分が発する言葉が自分を興奮させるというのが最近とてもわかるようになってきたわね。Yが興奮して、ジュニアがどんどんきつく屹立してくるのと同時に私も精神状態が高揚して身体の中から、色々な想いがたぎってくるの。それと同時に身体が反応し始める。Yのジュニアが我慢できずにうっすらと湿り気をおびてくる頃、それを見ている私も泉があふれ始める。身体の中と頭の中が熱くなってくるのがわかる。こうなると、もう普通じゃ収まらない。もっともっと言ってみたことがないところへ行ってみたい気持ちになるの。

Yのジュニアにそっと手を添え、スリップの生地をそこに添える。そして、スリップの生地のうえから優しくてを動かしてあげる。その際に、言葉を背てあげる「ベージュみたいなダサいスリップをきて、

なんか余計にいやらしいわね」、「ダサい下着をきてダサいっていわれているご気分は?」「おばさ

んみたいな下着を着て喜んでるなんて、なんて恥ずかしいんでしょ。でも、そういわれたかったのよね」「誰かに見られたかったのよね、ほーらますます元気になってきてるじゃない、恥ずかしいわね」なんていいながら手を動かす。私も感じてきちゃう。そっとスリップの上からYのジュニアに唇を添えてあげる。今日は、思い切ってこのベージュのスリップにYのほとばしりをださせてみようかしら。でも、やっぱりそれは私の体の中でうけてあげたい。そういう葛藤の中で、ベージュのスリップに白いほとばしりが。ベージュに白い色がかえっていやらしい。

今日は、私も妙な興奮の仕方をした。今度は私にも綺麗なベージュのスリップをみつけてもらおう。ダサいベージュはいやよ。でもそれがHでいいって言いだすかも。いやらしいわね。



閲覧数:1,692回0件のコメント

最新記事

すべて表示