• ycgogo

ハイヒールが好き


ハイヒールを初めて履いたのはいつかしら?はっきり覚えていないけど確か高校でた直後くらいだったかな?ハイヒールって女性らしさを主張する一つのアイテムだと思うのね。中でも、Yは黒いピンヒールのハイヒールが好き。それに黒いストッキングを合わせた組み合わせが特に。これは私も実は好きなの。ハイヒールは脚を綺麗に見せてくれるし、特に高めのピンヒールそれも黒のものと黒い薄いストッキングの組み合わせは最高に綺麗に見せてくれるわね。

ハイヒールは履くとふくらはぎが締まって綺麗に見える。そして、黒い薄いストッキングはとても脚を綺麗に見せてくれる。

ガーターとストッキングの組み合わせとハイヒールというのは、また素敵な姿になるわね。昔、まだ

パンストが出る前は、ストッキングは太ももまでのものだったのね。だからガーターベルトや、腿のことろで止める輪っかになったガーター。このガーターはまた、素敵なアイテムだったのね。新婚の花嫁が白いストッキングに白いガーターを合わせて、このガーターを未婚の女性の友達にプレゼントするっていう事もあったんですって。それだけでなくて、バーなんかで女性が片方のガーターを外して男性にプレゼントする場面を何かの映画のシーンでみたことがあったわね。それって「これからOKよ」って意味で渡してたけ

ど、黒いドレスで深くスリットの入ったのを着てて、そこから片足ストッキングに包まれた脚を伸ばして、ガーターを外すシーンがなんとも色っぽくて素敵だったわね。もちろん、黒いピンヒールを履いていた。そういうのに憧れるなあ。

なぜかわからないけど、私がハイヒールを履きはじめた時にはなんか黒いピンヒールにはそういうイメージがあったなあ。だから、黒いストッキングをはいて黒いピンヒールを早くはいてみたいって思ってた(そんな高校生って今いるかしらね)。

そして、Yと出会って黒いスリップをプレゼントされて。Yにリクエストされて黒いスリップに黒いガーター、黒い薄いストッキングにハイヒールを合わせてみた時に、自分の姿をみて胸がキュンとなったのね。「これだわ!!」て思ったのを覚えてる。それをまたYが綺麗に撮影してくれた。ずいぶん前に撮った写真だけど、私のお気に入りの1枚。もちろんYもこの写真をすごく気にっているのね。

こういう時は、Yはベッドの上でも私のハイヒールを脱がしたがらない。もちろん、黒い薄いストッキングとセット。そのまま、私の脚をいつまでも、いつまでも愛おしむかのように、優しく愛撫してくれる。わたしもそうされるのが好き。時には、窓際や鏡の前に私を立たせて、しばらくハイヒールを履いた脚の形を眺めている。私に色々なポーズを命じてくる。こういう時は私の顔は見てくれない。ハイヒールを脚ばかりをみている

のね。そのうちに私の脚元に跪いて、ゆっくりと私の脚を愛撫してくれる。しばらくそうしたあと、スリップの裾を少しまくり上げ、私の黒いナイロンショーツを上から擦り、いたずらそうに私の秘部に指をいれて弄ぼうとてくる。癪にさわるけど、私のへYの愛撫のおかげで秘密の花園はすでに潤いで満たされている。Yの指先が触れるたびに、膝の力が抜けてガクっと

なりそうになる。でも、立たされている時はそうならないように意識をしてがんばるのね。なぜなら、ハイヒールを履いた時は膝が伸びていることが大事、それが脚を綺麗に見せるから。Yにそうして私の綺麗な脚をみて、触ってほしいから。普段だったら、そこから胸、唇へと上がって来てくれるのに、今日は脚は戻っていった。私の脚を手で優しく愛撫しながら、唇を添わせて足首かた太腿のあたりまで時間をかけて愛撫してくれる。だんだん、泉があふれ出してきているのがわかる。Yはそっと私のショーツを脱がせてくれる。でも、まだストッキングとハイヒールは履いたまま。スリップも脱がそうとする。「いや、スリップは着せていて、ショーツとストッキングとハイヒールだけの姿がとても恥ずかしい」でもYはお構いなし、私を窓際に立たせて、スリップを脱がせてしまった。ガラスにうつる自分の姿がとても恥ずかしい。なんてHな姿。

でも、興奮している自分がいる。泉がますます溢れてきている。「どうしましょう、ショーツを履いていない」ふとももに泉があふれだし、ゆっくりと降りていく。Yに気づかれると恥ずかしい。でも、もうYは気づいていた、私のもとに跪き、ゆっくりおりていく泉のしずくを指先にとり、自分のお口にもっ

ていく。「少し、脚を開いてごらん」「そんな恥ずかしい」ことばと裏腹にYに言われると逆らえずに行動してしまう。少し開い脚の間にYが唇をふれ泉のしずくを味わっている。とっても興奮している自分に気づく「はずかしいわ」、「いや、お願い、恥ずかしい」。でも、その言葉が自分の本心と真反対なのはYに見抜かれている。

ハイヒールの魔力ね。いつ、ハイヒールを脱がせてくれるのかしら。


閲覧数:3,394回0件のコメント

最新記事

すべて表示