• ycgogo

スーパーで




Yの住んでたところの駅の前にSeiyuがあったのね。そして、駅から少し離れてもっと大きなスーパーがあったのね。そこはランジェリー売り場が大きくて、当時のことだからスリップもたくさん売ってたんだって。半身のマネキンにスリップを着せたのが沢山並んでて、それも綺麗な色やデザインのものがあってとても素敵だったらしいの。

でもね、そんなにジロジロ見られないじゃない。だからいつも通り過ぎる振りをして横目でチラッと見るのが精一杯よね。

そんな時にSeiyuに寄ったら、そのスーパーほどじゃないけど、スリップが飾って売ってたのね。ほら、みたら欲しくなるのが心理よね。でもスーパーって他のお客さんが沢山いるから簡単には買えないわよね。

そのフロアーは女性下着だけじゃなくって、隣が男性の下着や靴下なんかを売ってたのね。スーパーだとそういう感じのところ多いわよね。そんなので男性の下着売り場でうろうろしながら、時々女性の方をちらっとみたりしてたらしいんだけど、でもそっちにはなかなかいけないわよね。

そんな感じで、困ったような感じで立ってたら、近くを通った店員さんが「何か御用ですか?」ってって声をかけたんだって。

その店員さんは、ちょっと若めの人で制服を着てたけどね 、多分アルバイトだったんじゃないかって。Yはどうしようかと思ったけどチャンスと思って「すみません、実は実はスリップが欲しい欲しいんですが」ってっていって言ったのね。そしたらたら意外とあっさりと「「ここで待ってください」って言って用事を片付けて戻ってきてくれたんだって。そしてサイズだとか色々聞いてくれて、また待っててく

ださいって言って下着売り場の方に行ったのね。

そしたら、袋を2つ持ってきてくれて、中を見せて好きな方を選ぶように言われたんだって。そこで、片方を決めて決めたら「レジにもっていきにくいでしょうから、私がやってきま



すね」と言ってくれたのでので代金を渡したら、その人がレジに行って支払い手続きをして戻ってきてくれて、袋に入ったスリップを渡してくれたのね。

なんか、気がきく人もいたものね。

でも、そんな気がきく店員さんがいるお店っていいわね。

そるからどうしたかって?

やっぱりそのスーパーには行きにくくなったらしいの。その店員さんに会うのが恥ずかしいのともう一度会って頼めるかなあって気持ちがぶつかって困ったんだって。もうそのSeiyuは無くなったらしいけど、その店員さんどうしてるのかしら。

そういう対応してくれるって、Yみたいな人が時々いたのかしら?

Yはそのスリップで楽しむ時に、その人の事思い出したんだって^_^。

371回の閲覧

Wix.com で作成されたホームページです。