• ycgogo

スリップ三昧



みなさん、GWはいかがでしたでしょうか?

緊急事態宣言が延長になって、本当に先がどうなるかわからなくなりましたね。ワクチンの投与が終わればましになるのかしら。

私は、GWはYのところにいってずーっと一緒にすごしました。もうYの我慢も限界に近くなっていて、いい時間だったわね。

ずーっと一緒に居られるということは、ずーっと誰にも邪魔されずに2人だけの空間と時間を持てるということ。

だから、2人でずーっとスリップでいることにしたの。私は、もちろんそうするつもりだったけど、Yもずーっとスリップを着たいんだろうなあと思ってたからそうしてあげた。もう本当に朝から晩までずーっと2人スリップで過ごしたの。私は、Yを喜ばせてあげようと思って、スリップ以外にも色々と持っていって着て見せてあげたの。当然、スリップを着ているということだけではなくて、なんていうかトイレに行く時いがいはずーっと引っ付いている感じ。そうなるとHもいっぱいしたわね。今回改めて驚いたんだけど、Yもそれなりの年齢になってきているけど、あんなにタフだとは思わなかった。あんなに毎日、何回もされると

は思ってなかった。私も身体が良く持ったと思うわね。Yのいいところは、自分勝手に逝ってしまうんじゃなくて

私もたっぷり満足させてくれること。だから、私も何回も感じることができたわね。でも。もちろん、それだけじゃなくて、私もYを喜ばせてあげた。いっぱい。スリップを着て嬉しそうにしているYを見るととても愛おしくなるの。前にも言ったけど、不思議になんだかYはスリップが似合う。顔はお化粧をしてあげてるわけでもなくて普通にしてるのに、なんだかスリップが様になっている。うまく説明できないけど。そういう姿見ると、私のいたずら心が芽生える。やさしく意地悪な言葉をささやくと感じているのがわかる。お口と手でしてあげるときは、逝きそうな寸前

で止めると悶えているのがわかるの。それを何回か繰り返すと、もうYがヘロヘロになってくるのがわかるの。その表情をを見るのが好き。しまいには、懇願するような声で「お願い、いかせて」って言い始める。でもすぐには逝かせない。あそこから手を離して、スリップの上から胸をさすってあげたり、別のスリップで顔やあそこをさすってあげる。別のスリップで擦られるのは本当に好きみたいね。スリップであそこを包んで擦ってあげるのが一番みたいだけど。今回スリップだけでなく、ブラ、ショーツ、パンスト、それに実こっそりとYに似合うワンピースを買っておいたので、それを持っていってあげた。

安いウイッグも買っていったのね。そう、1日は朝からYに全部それを着てもらって、お化粧をしてあげた。今日は1日Yを女にして過ごすの。最近わかってきたけど、Yは本質の部分では女性になりたいみたいね。でもSEXは女性とがよくて、愛する相手も女性がいいというのね。いいかえれば外見

が女性になっている男性ということなのね。なぜそう思ったかっていうと、最近Yは井手上獏くんっていう子の事をよく話すし、この事が気に入っているみたいなのね。この子は男の子なんだけど、外見や声はまるで女の子。ニューハーフとは違う自然な感じで、なんか不思議な子なのね。私なんかよりすごく綺麗な女の子に見える。「この子いいなああ、自分もこんなだったらなあ」なんて時々言っているのを聞く。だからそうなんじゃないかと思うのね。Yがしたいことなんかはできるだけかなえてあげようと思うけど、でもね、それは私を愛していてくれるということが一番大事なの。それは間違いない。

一緒に女性になって、ご飯を食べたり、テレビをみたりするだけなんだけど、なんだか楽しい。面白いもので、こういう格好をさせると仕草や座り方なんかも女性っぽくなるから面白いわね。着ている物で影響されるのね。

ワンピースを脱がせて、ウイッグとお化粧をしたままスリップ姿にしてあげた。これはみなさんにみせてあげられないけど、みせて自慢をしたくなる。Yは様になる。だから私も、またスリップ姿になってあげて、一緒にスリスリしてあげる。私もいつもより興奮したわね。

Yはいつもだと逝ってしまうと気持ちが冷めて、スリップを脱いでしまったりするけど、今回は別。逝ってしまってもずーっとスリップを着ているし、ウイッグもお化粧もとらない。そのままベッドでいちゃちゃしてると、Yが復活してきて、もう1回。私も身体が反応してしまう。


そうそう、この時は、Yには全部黒をつけてあげた。ブラ、ショーツ、スリップ、ストッキングも全部黒、口紅は赤を強め。アイラインをしっかりひいてあげて、ちょっと濃いめのシャドーを。こうするとYの顔は映える。もちろん、私も黒のスリップ。私のあそこもかなり濡れてきていたので、ショーツをしっかりあそこにこすりつけて、それをしみ込ませたものを、Yに履かせてあげた。ちょっと小さかったかどなんとかなったわね。Yがまた興奮しているのがわかる。ショーツの潤った部分がYのあそこにあたって、その湿り気が感じられてすごくいいんだって。私は、スリップはもちろんだけど、黒いガーターとストッキングをつけた。

ガーターとストッキングを着けて、ショーツをつけていないのってなんかすごくHね。ちょっと恥ずかしいけど、それもまたいいのね。そうするとYは私の脚をストッキングの上から愛おしそうに顔をつけ、ほっぺたでスリスリしている。足の先の指のところからふとももにかけて、ずーっと顔でスリスリしている。指先なんかはちょっと匂うんじゃないかと気になるけど、今日はこの格好で靴を履いて歩いていたわけではないから、多分大丈夫。でも、そういう指先の匂う感じもYは好きっていってくれる。それも感じるんだって。そうそう、私はHの前にはあそこを入念に綺麗にするので、匂わないんだって。石鹸のいい香りがするって

言ってくれる。でもね、あんまりあそこの匂いが強いのだめらしいいんだけど、少し匂うのはいいらしい。その匂いがまたいやらしい感じがして興奮するんだって。

そういわれれば、私もYのあそこの香りが好き。興奮してくるとちょっと、先っぽに染み出してくるけど、その香りが好き。

Yを女装させて近所に一緒に買い物にいったりしたかったけど、さすがにそれはYの家なのでやめておいたわ。でも、いつかそんなことも実現できたらなあ。

GW中に結局何回したかしら。楽しかったわ。ごめんさないね。自慢話で、羨ましい?




660回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示