• ycgogo

アメリカのネットから拾ったお話、完結編


前回にまた続き、アメリカのサイトから拾ったお話です。今回で最後です。もう少しお付き合いください。自分に置き換えて読んでいる方もいるでしょうか?私はそうなってしまっています。

翌日ベッドの中で目覚めた時、叔母のスリップに包まれているのがわかり、嬉しくてずっとこのままいたい気持ちだった。そのまましばらくグズグズしていたら、叔母の私を呼ぶ声が聞こえた。「もう起きて朝食にいかなければ」そう思い、ベッドから出て、叔母のスリップを脱ぎ、叔母が買ってくれた女の子のスリップを着てワンピースを着て朝食のために降りていった。「おはようジェニー、あらすっかりその格好が様になってきたわね」と言いながら叔母は私の頬にキスをしてくれた。「おはようママ、これどうもありがとう」と言いながら私は叔母のスリップを綺麗に畳んで返した。「あら、今日もママって呼んでくれるのね。嬉しいわ。それにこんなに綺麗に畳んで、すっかり女の子ね。私のスリップに包まれてどんな夢を見たのかしら?」叔母は私の気持ちを知ってか知らずか、こんなことを言った。